パンタ式リフト

床面とフラットになるパンタ式リフト

ピットに埋め込むリフトで、人気もあるパンタ式リフトの整備作業内容

商品はスギヤス製ビシャモンブランドの中古SC25AU
付帯する土間工事も承ります。


1.中古商品入荷

買取りさせて頂いた現場より、撤去後弊社工場にて保管します。

オーダーに応じて、順次洗い場へ

2.分解・点検作業

撤去時に主要な動作点検を行いますが、劣化部品・故障個所・破損個所を分解しながら確実に行います。

3.洗浄作業

部品ごとに丁寧に洗浄します。

頑固な油汚れ、固着部の錆落としなど、洗浄は重要な整備作業の一つです。

4.油圧シリンダーシール、劣化部品交換作業

シリンダーシールを交換するだけでなく、各内部の錆落としや清掃も確実に行います。

また、リターンホース・油圧ホース、天板受ゴムなど
弊社の整備基準に応じて使用に問題のある劣化部品も同時に交換します。

5.組付け作業

洗浄・整備を行った各パーツを、グリスアップをしながら組付けます。

本来あったフィーリングを再現できるよう、念入りに調整を行います。

6.完成 最終確認作業

一連の工程を再度最終確認し、完成となります。

※画像の写真はオールペイント後の商品です。